自分の中ではリオのオリンピックはなんとなく盛り上がった雰囲気が無い感じがしてましたが、日本人選手が活躍している報道を見ますと、自然と熱が入ってきました。参加選手は皆、金メダルを目指して頑張ってきているので、獲得した時は本当にうれしく思います。金メダルを惜しくも逃した選手も、ほんのちょっとしたことで負けていますので、実力は伯仲しているのでしょう。誰が金メダルを取ってもおかしくない感じです。でも、金メダルを取った選手には他を寄せ付けない圧倒的な強さを感じます。ですから、多少のミスや不具合が在っても勝てるのでしょう。落ち着いた自信というのでしょうか、非常に安定しているので見ていて冷や冷やしないのです。天性もあるのでしょうが、しかしそこには弛まない想像を絶する練習があったから成し得たに相違ありません。スポーツとは違いますが、自分も仕事で圧倒的な強さを誇りたいです。医者で圧倒的な強さとは何だかよくわかりませんが、そういう雰囲気を持ちたい。オリンピックを見るたびに、そういう気持ちにかられます。努力あるのみ。