今、64(ロクヨン)という警察小説を読み終わりました。上巻と下巻に分かれており、久々に読み応えがありました。私は分厚い小説が好きです。本屋さんで探すとき、目的が無ければ分厚い本を探します。一気に読むのが快感です。ロクヨンは読んだ人の多くが感じると思いますが、私は松岡という参事官に惚れ惚れとしました。上司になるならこういう上司になれたらと思います。主人公の三上の古巣の上司です。私は今までこのような上司には出会ったことがありません。自分の力を認めてくれて、また古巣でいっしょにやらないかと言ってくれる、でも、三上は新しい世界でやっていくと誓う、幸せだなと思います。言えることは、三上がひたすらに職務を全うしているということです。きっと、誰かが見ているのですね。なかなかこのような上司には巡り合いませんが、上に立つ立場として、松岡のような院長でありたいなと思います。