金曜の夜11時から日本テレビで放送している「アナザースカイ」という番組がお気に入りです。多少、脚色が入っている感じですが、感動的な内容です。その人の人生の分岐点にまつわる苦労話なのですが、今、華々しく活躍している人でもどこかで選択を迫られるようなエピソードがあるのですね。特に活躍はしていないのですが、自分はどうかと思い、振り返ってみますとやっぱりアメリカ留学の時ですかね。異国の地で突然、大学から戦力外通告され、後がない自分に声をかけていただき、研究を続けさせてくれたメラニー先生。研究成果がアメリカで評価され、ASCOの学会で口演発表に選ばれ、二人でおおはしゃぎしました。研究に対する姿勢が大きく変わり、また、医者としての価値観が大いに変わった時でした。私のアナザースカイはそう、テキサス州ヒューストンです。いつか、再び訪れて、その時の思いを巡らせ人生を振り返ってみたいです。