当院では開院以来、内痔核は切らないでジオン注射により痔核を固める治療を行なっていますが、痔には他にも外痔核や裂肛(いわゆる切れ痔)があり、これらはジオン注射の適応とはなっていません。通常、老舗痔専門病院、あるいはそこで修業した痔専門クリニックに行きますと大きく切除され、多くは数日の入院、あるいは自宅療養を要してしまいます。術後の痛みや出血がみられるからです。当院ではそういう痔の方でも日帰りで痛みの少ない治療法を考案して行っています。切除は必要最小限にするため局所の麻酔で済み、傷は開放せず縫合します。従って、術後の痛みが少なく、出血もしないので日帰りができ、かつ翌日から仕事も可能となります。他所で入院が必要だとか、全身麻酔や半身麻酔をしますと言われた方は、是非、当院でセカンドオピニオンを聞いてみてください。